博多でRubyKaigiに初参加してきました

はじめに

2019/4/18〜2019/4/20に開催されたRubyKaigi2019で初めてRubyKaigiに参加してきたのでその参加レポートを書いていこうと思います。(他の方から大分遅れてしまって平成終わる直前の投稿になってしまった) rubykaigi.org

目次

セッション

聞いたセッション

1日目
2日目
3日目
  • Ruby Committers vs the World
  • Cleaning up a huge ruby application
  • Best practices in web API client development
  • Ruby Serverless Framework
  • The send-pop optimisation
  • Optimization Techniques Used by the Benchmark Winners

感想等

もっと勉強しようという気持ちが高まった

@joker1007さんの話とかRuby内部のコード(C言語)の話とか、
難しくて理解できないことも結構あったけど、むしろそれを理解できるようにもっと勉強していきたいという気持ちが高まりました。
RSpecのコードリーディングもしたくなったし、jetsOvtoも触りたい。
あと、ココ最近英語を勉強しているけど英語の発表を聞き取るにはまだまだ全然足りなかった。
これも来年までの課題。

気になったキーワード

スポンサー

ブース

本当に色んな企業さんがブースを出していました。(ブースを出していた企業のリストは後述)
各ブースでスタンプやアメニティがもらえます。
スタンプは20個でピンパッジ、40個でキーケースがもらえました。(先着順)
自分は本当に最後の1個のピンバッジがほんのちょっとのタイミングの差で品切れになってしまい結局もらえませんでした(涙)。(40個集めてから貰いに行ったけど20個の時点でもらえたことに後で気づく・・・)
一応全部回れたのですが、たくさんありすぎてセッション外の時間だけでは回りきれず、一部のセッションの時間も利用しました。
スタンプラリー目的で回るだけならセッション外の時間だけでも十分なんですが、各ブースでお話等をしていると本当に時間が足りない・・・。
ブースによってはCTOや人事担当の方と話すこともできたのがすっごくよかったです。
リストにはないですがCookpadの子会社ウミーベのCTOの@niaeashesさんとお話する機会もあったりしました。
今までの自分が知らなかっただけで、本当に多くの会社がRubyで仕事しているんだなということを実感。
RubyKaigiは、これからRubyで仕事していきたいという方にこそ、参加してほしいイベントかも。
あと参加前までに自分のプロダクトを作っておけると、話のネタの一つになるのでオススメです。

ブースを出していた企業一覧

交通

SmartHRさんが会場と博多・天神をつなぐシャトルバスを出してくれていたので非常にアクセスが良かったです。
バス周辺の案内等も、(おそらく)SmartHRさんの社員の方がやっているのを見て「ヴォーSmartHRさんすげぇ」ってなりました。
スタッフのホスピタリティめっちゃ高かった。(小並感)
2日目のパーティー前にはJapanTaxiさんもタクシーを出してくれていました。
今回JapanTaxiさんは利用できなかったけど、次回は利用してみたいなぁ。

朝食

Medleyさんがスポンサーとして2日目と3日目に会場内にあるレストランで朝食を提供してくれました。
食費が浮くので本当に助かりました。
2日目には別の場所でStripeさんも朝食を提供してくれていたのでそちらにも行きたかった・・・。

昼食

昼食にはDrecomさんが博多らしく屋台を出してくれていました。
食費が浮くので本当に助かりました。(2回目)
どの屋台もおいしかったです。

パーティー

RubyKaigi 2019 Official Party

1日目の後の懇親会、なんと商店街丸々貸し切って立呑パーティー
最初は連れもいなかったのでなかなか会話に入り込めませんでしたが、オプトの方が声をかけてくれたので、そこをきっかけに色々な方と話せました。
RailsAdminCarrierWaveのコミッタの@m4buyaさんとか@patorashさんとか。(@patorashさんとの繋がりがきっかけで後に「川」に参加することに・・・)
ニュースにもなりました。 headlines.yahoo.co.jp

RubyKaraoke 2019 Sponsored by Repro

2日目に開催されたRubyistが集まってひたすらカラオケをする会。
ジャンル別の部屋がたくさん作られました。(スパロボ部屋とかアイマス部屋とか特撮部屋とか)
自分はスパロボ部屋でひたすらJam Projectとかマクロスを皆で熱唱してました。
最後の方で特撮部屋にもちょっと参戦。
@joker1007さんと一緒に「未来への咆哮」熱唱できたの超楽しかった。
結局4:00頃まで歌い続けて、楽しかったけど翌日は大変でした(笑)。(でも朝食から参戦しました)

RubyKaigi 2019 After Party at 川

通称「川」。
一昨年の京都回くらいからやっているらしいです。
川沿いにRubyistが集まって飲みながらだべる集まり。
この前に別の飲み会に@patorashさんに誘っていただき参加した流れでこの「川」にも参加しました。 ここでも色んな人と話しました。
フィヨルドブートキャンプの前身の256internの卒業生@katsumata_ryoに偶然遭遇したりもしました。
この「川」の後、一部(主に外人勢)はカラオケへ繰り出していきましたとさ・・・。(来年は参加してみたい気持ちもあったりなかったり)

出費

トータル

食費 交通費 宿泊費 チケット お土産 その他 合計
¥10049 ¥27910 ¥10980 ¥10000 ¥4460 ¥1200 ¥64599

次回以降、自費で参加する方の参考になればいいな、と思うのでかかった費用についても書きます。
トータルとしては¥65000前後でした。
せっかくの遠出ということで食費とお土産代に大分使ってしまいました。
色々節約すればここからまだ¥5000〜¥10000は抑えられたかなという気がします。
各項目についても書いていきます。

食費

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 合計
¥1221 ¥1580 ¥1868 ¥4490 ¥890 ¥10049
朝・夕 夕・他 夕・飲

基本的にはかかったのは夕食代のみです。(1〜3日目の昼と2・3日目の朝はスポンサーから食事が出るので無料)
せっかくの博多ということでちょっと使いすぎた感はあります。

交通費

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 合計
¥13750 ¥0 ¥0 ¥0 ¥14160 ¥27910

この他に地下鉄1回、バス2回を利用したのですがプリペイド方式でPitapaのログに残っていなくて価格がわからないので金額に含んでいません。
大阪⇔博多は往復ともに新幹線の指定席を回数券で購入して利用しました。
復路で予定の新幹線に乗りそこねて自由席になってしまったけど電源のある席を確保できたので、自由席でも良かったかも?
そもそもLCCを使えばもっと安く済ませられました。(今回は参加を直前で決めたので時間に余裕がなかった)

宿泊費

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 合計
¥0 ¥3040 ¥3220 ¥1080 ¥3640 ¥10980

基本的には全てインターネットカフェフラット席・10時間パックで宿泊しました。(バラツキがあるのは延長料金かかってしまったりフード頼んだりしたからです)
3日目だけ異様に安いのはRubyカラオケに参加していて3時間くらいしか利用していないからです。

チケット

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 合計
¥10000 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥10000

@bluerabbit777jpさんにチケットを頂いたおかげでチケット代は安くすみました。
通常だとEarlyBirdで¥20000するので更に¥10000出費が増えるところでした。

お土産

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 合計
¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥4490 ¥4490

せっかくなので買ってしまいました。
通りもん32個とショコラいちご餅9個のお値段です。

その他

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 合計
¥0 ¥0 ¥600 ¥600 ¥0 ¥1200

コインロッカー代です。
宿泊場所がホテルでないかつ1日目に荷物が多すぎて非常に動きづらかったので2日目から利用しました。

グルメ

0日目の夕食(博多一幸舎 博多総本店)

1日目の朝食(因幡うどん 博多デイトス店)

1日目の昼食(RubyKaigi 屋台)

写真撮ってなかったので他の方のツイートを引用

2日目の昼食(RubyKaigi 屋台)

写真撮ってなかったので他の方のツイートを引用(あと1日目と同じうどんも食べたけど同じなので写真は割愛)

2日目の夕食(総本家 博多辛麺 狛虎)

3日目の昼食(RubyKaigi 屋台)

写真撮ってなかったので他の方のツイートを引用

3日目の夕食(博多一口肉餃子 一ロ 博多バスターミナル店)

4日目の朝食(一蘭本社総本店)

その他得られた知見等

持っていく荷物

持っていく荷物は少ないほうがいいです。
まず、遠出の際の荷物のほとんどは衣服ですが、RubyKaigiではシャツとパーカーがもらえます。(初参加なので毎年かどうかはわからないのですが)
スピーカーの場合は更に+1枚ずつもらえるらしいです。
さらにブースでもシャツがもらえる場合があります。
なので、1〜2日分は上半身の衣服は現地で確保できます。
また、ブースを回っていると大量のアメニティが手に入るので、返る際には荷物がどえらいことになります。

あと、アメニティを収納しておく袋を用意しておくと便利だと思います。(ブースでもらえる場合もありますが)

次回はコード懇親会に参加したい

2日目と4日目にコード懇親会があったのですが、どちらも人数や時間の都合で参加できませんでした。(ちょうどerdというネタがあったのに・・・)
来年はぜひ参加したいですね。(もっとコード懇親会やる企業さん増えてほしい)

Matzと写真

昼休憩中にMatzと偶然遭遇し、一緒に写真を撮っていただきました。

フィヨルドブートキャンプ仲間の@tsuba0105さんに誘われて3件目の屋台に行ってなかったら起こらなかった出来事。
@tsuba0105さん本当にありがとう。
ただ突然の出来事だったので舞い上がって質問できなかったのが心残り・・・。orz

最後に

控えめに言ってRubyKaigi、最高に楽しいイベントだったので来年も是非参加したいです。(次回はどこかのプログラマとして)
次回参加する際は今回よりも話の内容についていけるように精進していきます! ちなみに次回は2020/4/9〜2020/4/11に長野県の松本であります。

rubykaigi.org